小林私の出身大学はどこ?学歴や学生時代エピソードも紹介!

小林私の出身大学はどこ?学歴や学生時代エピソードも紹介! 男性ボーカリスト
スポンサーリンク

気鋭の若手シンガーソングライター小林私さん。

Youtube配信やライターとしてなど多方面で活躍されていて、SNSでも話題になっています。

テレビで出演されることも増えてきましたよね。今後も注目は必須です!

そんな小林私さんの学生時代や学歴、出身大学などを調べてみました!

スポンサーリンク

小林私の学歴は?

話題のアーティスト小林私さんは、東京都あきる野市出身の現在22歳です。

高校までの公式な情報はありませんでしたが、中学と共に帝京八王子高校に通い卒業されていたという情報がありました。

最終学歴は2021年に多摩美術大学絵画学科油画専攻を卒業されたそうです。

やっぱり美大に行かれる方は多彩な才能を発揮される事が多いように思います。

小林私さんの曲やMVにアート性が高いように感じられるのも納得という感じですね。

大学卒業の際はYoutubeで卒業式前夜の様子を配信されていたりと、リアルタイムな情報やイベントをファンに共有してくれるのもファンにとっては嬉しいですよね。

小林私の出身大学ってどんなところ?

小林私さんの出身大学は多摩美術大学の絵画学科油画専攻とご本人も公表されています。

学科は違いますが、ユーミンこと松任谷由実さんや写真家・映画監督の蜷川実花さんなどそうそうたる方々が卒業生だそうで驚きました。

在学中は小林私さんが自らSNSで参加イベントなどについて呼びかけなど行っていたようですから、芸術祭などにも駆け付けたファンは多かったのではないでしょうか。

小林私さんは出ていませんが、参考までに多摩美術大学芸術祭の様子がこちらです↓

小林私の性別は?結婚してるの?本名や生い立ち、人気の理由も紹介!

小林私の学生時代エピソード!

音楽だけでなくマルチな活動をされている小林私さんですが、学生時代はどのような方だったのでしょう?

学生時代についてのエピソードを調べてみました!

小学・中学時代

小学時代の小林私さんはご本人曰く、外で遊ぶのは好きではなかったそうで、ひたすら読書に明け暮れていたんだとか。

目立ちたがり屋だということで、学芸会で目立つ役に勇気を出して立候補したが周りに認めてもらえず結局脇役になってしまった(悲)というようなエピソードもお話されていました。

中学時代からは読書好きが高じて小説を書かれたこともあるそうで、現在はコラムなど文章を執筆されているのも、このあたりから才能の片鱗があったのかもしれませんね。

また部活は家庭科部を3年間されていたとの事で、これまた意外ですよね。

高校時代

高校時代の小林私さんは軽音楽部と演劇部を掛け持ちされていたそうで、どちらも部長を務めたそうです。

当時の組んでいたバンド名「mont-blanc!」で、ベースの方と喧嘩して解散してしまったようです。

もう一つのバンド名は「BLACK*RABBIT」でこちらも解散済みとの情報がありました。

初めてのライブは高校の文化祭でMONGOL800の「小さな恋のうた」を披露されたそうで、その際に「緊張しすぎて頭真っ白」になってしまい、その後は体育座りでしょげていたというお話もされていました。

現在のライブでの小林私さんは堂々とされているので、想像がつかないですよね。

ちなみに、現在所属されている音楽ユニットである「このままじゃまだ死ねない」での相方・クロニカル大崎さんは高校の同級生だそうです。

この当時から現在のミュージシャンとしての礎や、人脈などを築かれていた事がわかりますね。

大学時代

小林私さんは特に画家を目指していたわけではなかったとの事で、元々絵を描くことが好きだったそうで美大に行くことを決められたそうです。

大学在学中からミュージシャンとしてYoutube配信等を行うようになり、弾き語りでカバー曲やオリジナル曲を発表されたりして、そのうちに現在のような生配信などをされるようになりました。

その他、ベリーダンスサークルで女性用の衣装を身にまとい大学のイベントで踊ったこともあるそうです。

本当に美人ですよね!一見して男性とは思えないですね。

ちなみに、居酒屋でのアルバイトや、セラピストとしてアルバイトをされていた経験もあるそうで年配の方などへもみほぐしマッサージなどを行っていたそうです。

まとめ

今回は小林私さんの学歴や出身大学、学生時代について迫ってみました!

意外性のある経歴からも分かる通り色々な事に挑戦されたりと、とてもフットワークの軽い方なんだなと感じました。

Youtube配信やSNSでもプライベートな情報など惜しげもなくお話頂く方なので、エピソード等はたくさんあるのでファンとしても嬉しい限りですね。

今後も目が離せないアーティスト・小林私さんに期待大です!

コメント