女王蜂「KING BITCH」MVの俳優は塩野瑛久!経歴と出演に至った経緯も紹介

女王蜂「KING BITCH」MVの俳優は塩野瑛久!経歴と出演に至った経緯も紹介 男性ボーカリスト

一度見たら忘れないビジュアルとサウンドや歌声で、世を圧倒する存在のバンド女王蜂

性別を超えた魅力で、独特な世界観が人々を魅了しています!

そんな女王蜂は、2021年10月27日にリリースされた新曲「KING BITCH」のMVに、俳優である塩野瑛久さんが出演したことでも話題となっています。

今回は、女王蜂の「KING BITCH」のMVについてや、出演された俳優・塩野瑛久さんの出演された経緯、経歴などを含めてご紹介していきたいと思います!

女王蜂ってどんなバンド?

2011年にメジャーデビューした兵庫県神戸市発のバンド女王蜂。

同年に映画『モテキ』に出演し、楽曲「デスコ」が主題歌に大抜擢され、衝撃的なMVと共に話題となりました。

■女王蜂バンドメンバー

  • Vocal:アヴちゃん(薔薇園アヴ)
  • Bass:やしちゃん
  • Drum:ルリちゃん
  • Guiter:ひばりくん

メンバー全員が性別や国籍、年齢までも公表しておりません。

ボーカル:アヴちゃんとドラム:ルリちゃんは、実の姉妹であることは公表されています。

ボーカルのアヴちゃんは、作詞作曲からMVの監督まで、クリエイティブな才能を発揮すると共に、性別不詳な歌声、ミステリアスなキャラクターで注目されています。

表現することに抜かりがない女王蜂の世界観は、ライブパフォーマンスでも溢れていて、見る人に強烈な印象を与える事でしょう。

新曲が出るたびに、新しいヴィジュアルでファンを飽きさせないのも魅力です。

また、過去のライブではドレスコードがあるなど、ファッションに対してのこだわりも強いことで知られます。

女王蜂『KING BITCH』のMVはアクション!

女王蜂の「KING BITCH」のMVは、一言でいうとアクションです!

楽曲「HALF」から女王蜂のMVを手掛ける、中根さや香さんが監督をつとめられています。

サムネからあふれ出る殺気が凄まじいですよね・・・!

青と赤それぞれの特攻服を着た二人が、出合い頭に突然、殴り合い・どつきあいが始まります。

まるで、「ヤンキー総長のタイマン」のようなシチュエーションですよね。

狂気的な表情で、『どっちが勝つか分からない』殴り合いの様子に息をのみます。

そして、女王蜂のMVに有名な俳優が出演することは初めてで、驚いたファンは少なくないでしょう。

美しい顔立ちと激しいアクションで、アヴちゃんにも負けず劣らずの存在感を放つ、俳優・塩野瑛久さん

アヴちゃんからの熱烈なオファーから、二つ返事で出演を快諾したとの事。

息の合った『どつきあい』は、ハラハラするほどに二人とも入り込んでいて、泥臭い殴り合いを繰り広げています。

アヴちゃんは、塩野瑛久さんは今回のMVでの「ミューズ」であると語られています。

『お友達になりたい!どつきあいたい!』と思ったことから、今回のMVの構想に至ったようで、アヴちゃんワールドが全開でした。

今後も、また共演したいというようなお話もされていたので、アヴちゃんにはもう次なるイメージがあるのかもしれません。

MVに出演した塩野瑛久ってどんな俳優にて?経歴は?

塩野瑛久さんの気になる経歴はこちら↓

中学卒業後、高校には通わず実家の飲食業の手伝いをする。

2011年に開催された第24回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストに応募し、審査員特別賞およびAOKI賞を受賞。

2012年3月にオスカープロモーション所属となり芸能界デビュー。

2013年2月から2014年2月までに放送された、スーパー戦隊シリーズ第37作『獣電戦隊キョウリュウジャー』に立風館ソウジ / キョウリュウグリーン役でレギュラー出演。

2014年、『純平、考え直せ』で初めて舞台での主演を果たす。
2015年、『鼻目玉幸太郎の恋!』で映画初主演。

2017年11月、オスカープロモーションの「男劇団 青山表参道X」のメンバーとなり、副リーダーに就任する。

2020年8月、アルビオンエレガンスコスメティックス『ルージュ シュペルブ セミマット』キャンペーンモデルに就任する。非公式で自身がリップ使用写真をSNSに投稿し大きな反響となった。

2021年2月22日、2月末をもって男劇団 青山表参道Xを退団し、オスカープロモーションを退社した。同年8月、LDH JAPAN所属となる。

(引用一部要約:https://ja.wikipedia.org/wiki/塩野瑛久)

戦隊ヒーローとして注目を浴びた塩野瑛久さんは、その後も舞台や映画などにも精力的に出演されて、人気イケメン俳優としての地位を確立されています。

戦隊ヒーローの役で培った、剣や棒を用いた殺陣(たて)がお得意の塩野瑛久さんは、『KING BITCH』のMVでも存分に活きていました。

また、体当たりな演技をされる事も多く、「イケメンなだけではない」という魅力にあふれた俳優さんです。

そんな塩野瑛久さんは、女王蜂のアヴちゃんより『ド根性ビューティー』と称されています。

なんだかとても納得してしまいました。

狂気をふくんだ表情もうまくて、惹き付けられるような雰囲気もあり素敵です。

ちなみに、実家はクレープ屋さんだそうで、芸能界に入るまではお店を手伝っていたそうです。

クレープだけでなく、塩野瑛久さん目当てのお客さんも多かったのではないでしょうか。

まとめ

今回は、女王蜂の楽曲「KING BITCH」のMVについてや、出演されている塩野瑛久さんについて経歴を含めご紹介させて頂きました。

出演されている俳優・塩野瑛久さんとの「どつきあい」を女王蜂ボーカルのアヴちゃんが所望されたことにより生まれたMVは迫力満点です。

美しいお二人の狂気的な表情も見どころとなり、ハラハラさせられるアクションは圧巻でした。

今後もまた共演を匂わせるお話もされていたので、期待していきたいと思います!

コメント