野狐禅のおすすめ曲を紹介!代表曲とファンの感想も気になる!

竹原ピストル
スポンサーリンク

ギター1本で観客を魅了する孤高のシンガーソングライター竹原ピストルさん。

代表曲「よーそこの若いの」でも有名です。

さっそくですが、竹原ピストルさんがソロになる前に組んでいたユニットをご存知ですか?

実は、1996年の春に野狐禅と言うバンドを結成をされていました。

結構人気でいい曲ばかりあるんですよ!

さて今回は、竹原ピストルさんがソロになる前に組んでいた2人組のバンドユニット野狐禅のおすすめ曲を紹介!代表曲とファンの感想も気になる!について調査をしました。

野狐禅のおすすめ曲と代表曲を紹介!

それでは、野狐禅のおすすめの曲を紹介していきます。

まずは、代表曲とも言えるこの曲から。

1、「ならば、ともよ」

この歌は、とても力強い歌ですね!

「なあ、友よ夢ってゆう言葉は、諦めた人が発明したんだろ!」

このフレーズめちゃめちゃかっこいいですよね!

シンプルで伝わりやすい曲なので、シンプルでありながらも心に響きやすい曲だと思います。

野狐禅好きな人は、たまりませんよね!

僕が、野狐禅を知った曲でもあります。

最初から最後までとてもダイナミックでとても良い曲だと思います。

2、「自殺志願者が飛び込むスピードで 」

ロックサウンドでいい曲ですよね!

サビがとても迫力があるので引き込まれやすい曲だと思います。

イントロで竹原ピストルさんのハーモニカが印象的で、イントロから野狐禅のスタイル全開です。

竹原ピストルさんのサビのシャウトはすごいです!

3、「ぐるぐる」

歌詞がとても印象的な曲としても有名です。

バラードなのですが竹原ピストルさんの声が良いので心にグッとくる名曲だと思います。

竹原ピストルさんがソロになった今でも歌っている曲としても有名ですね!

「涙が溢れて涙が溢れそうになって、ガムテープで顔面をぐるぐるにする」

この、フレーズには感動しますよね!

4、「じゅうじか」

これも、バラードです。

心に染みる名曲だと思います。

感動しますね!

非常にゆったりとしていて良い曲だなと思います。

何回でも聴き直して聞ける名曲だと思います。

何度聞いても飽きないですよね!

5、「あじさい」

こちらも、名バラードです。

イントロのハーモニカが、特徴的ですね!

衝撃的な名曲だと思います。

力強く生きようと言う歌だと思います。

この、歌にはとても勇気づけられると感じます。

良い曲ですよね!

6、「初恋」

この曲は、青春の歌ですね!

辛いことがあっても、力強く生きていこうと言う歌です。

竹原ピストルさんの歌にはとても染みるものがありますね!

とても力溢れる歌です。

7、「さらば、生かねばならぬ」

この曲は、とてもロック調ですね!

この曲は、基本ゆったりとしている曲なのですが、途中で曲のテンポが上がって迫力が出ます!

サビは、非常にカッコいいですね!

「さらば、生かねばならぬ」このフレーズは、奥が深いと感じました。

8、「かもめ」

この曲も、代表曲のひとつでもあります。

竹原ピストルさんがソロになった今でも良く歌う曲でもあります。

歌詞は、非常にストレートだと感じますね!

「青を塗って、白を塗って、一息ついてから最後に僕の気持ちを塗った

空の絵を描いていたつもりが、海みたいになってしまって

ひらきなおってカモメを描いた」

すごく、竹原ピストルさんらしい歌詞ですね!

名曲の中の名曲ですね!

力のある曲です。

ファンの感想

それでは、ファンの声について紹介します。

https://platform.twitter.com/widgets.js

名曲ですよね!

何度聞いても飽きない名曲です。

https://platform.twitter.com/widgets.js

野狐禅は、力強い曲ばかりですよね!

人生には、音楽は必要だと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか、今回は野狐禅のおすすめ曲を紹介!代表曲とファンの感想も気になる!について調査しました。

野狐禅には、名曲は数多くあり、とてもいい曲ばかりありますね!

竹原ピストルさんも野狐禅の頃の曲を今でも演奏をしていて竹原ピストルさんが好きな人は、聞いた曲があったかもしれません。

今でも、野狐禅の曲は人気があるのですごいバンドであったと感じられます。

ファンの声も今になっても野狐禅の曲を聴く人が多いようです。

そんな、今でも野狐禅の曲を歌っていて、活躍中の竹原ピストルさんとハマノヒロチカさんの今後の活躍に期待をしたいです。

コメント