米津玄師の学歴(高校・大学)や経歴を紹介!学生時代のエピソードも!

米津玄師の学歴(高校・大学)や経歴を紹介!学生時代のエピソードも! 米津玄師
スポンサーリンク

今回は米津玄師さんの学歴(高校・大学)などについてや経歴をあわせて調べてみましたので、ご紹介していきたいと思います!

また、今でこそミュージシャンとして大活役をされている米津玄師さんですが、学生時代はどんな少年だったのでしょうか?

学生時代のエピソードと合わせてご紹介をしていきたいと思いますので、どうぞ最後までご覧下さい!

米津玄師の学歴(高校・大学)や経歴を紹介!

米津玄師の学歴(高校・大学)や経歴を紹介!学生時代のエピソードも!1

今回は米津玄師の学歴や経歴を、学生時代のエピソードも交えて、紹介していきたいと思います。

米津玄師といえば、作詞、作曲のみならず、アニメーションやイラストレーターなど、多彩な才能を発揮していることで知られています。

そんな米津玄師の現在ではなく、高校、大学時代の学歴に目を向けてを見ていきましょう。

米津玄師の出身地は徳島県
出身高校は徳島商業高校。通称「徳商」

偏差値ランキングは10,099件中の5145位。
徳島県内で見ると380件中31位となります。
全国基準でみると真ん中くらいですね。

実はこの徳島商業高校
有名人輩出数は30人以上
輩出数でいうと徳島県内1位なんです。

部活動が盛んな学校で、特に野球は「四国四商」といわれるぐらいの古豪。

となるとやはり有名人も野球関係者が多く、北京五輪代表の川上憲伸や、板東英二といった選手を輩出しています。

米津玄師も例にもれず野球部で白球を追いかける青春時代を・・・という訳ではなくテニス部に所属
高身長はバスケ部という安易な発想だったのでテニス部は意外でした。

当時から音楽活動はしていた模様なので、部活と平行していたのでしょうか。正直、テニスをする米津玄師が全くイメージ出来ません。

こちらが高校の時の写真です。
今の面影が残っていて、イケメンの雰囲気が漂っていますね。

両脇のクラスメイトと比較すると、背の高さが良く分かります。

高身長でイケメン。当時からモテたのではないでしょうか?

中学時代から音楽活動は始めていて、最初おは文化祭を目標にしていたようです。

音楽に興味がない友人も巻き込んでいたとのことで、今のマルチプレイヤーから振りからするとちょっとイメージが湧きづらいですね。

高校でももちろん音楽活動は続けていましたが、楽しく音楽活動とはいかず、当時を振り返るインタビュー内容ではこのように発言しています。

米津:はい。自分の音楽が作りたくてバンドを組んで……別に音楽好きじゃない友達とかも呼んで、「とりあえずバンドやろう」って組んで目標を文化祭にしたんですよね。で、文化祭に出て……バンドをやっていきたかったから、そのままずっと続けていって、高校生になってからも何回かライブやったんです。その時に、何をどうしていいかわかんない感覚がすごくあって。スタジオで音を出しても、自分の声がまったくきこえなかったりとか、全然楽しくなくて。楽しもう楽しもうとはしてるんですけど、「ほんとにこれ、楽しいのかな」って思ってて……どうしたらいいのかわからない、っていうのがあって。

高校時代は「late rabbit edda」というバンド名でボーカルとベースを担当

10代限定のアーティストが集う音楽の甲子園、閃光ライオットにも出場にも出場しています。
結果はなんと二回戦落選

今の活躍振りを見ると、あまり想像が出来ませんね。

高校卒業後の活動

高校卒業後は大学進学ではなく、大阪美術専門学校に進学

3年制のグラッフィックデザインや、イラストレーションの総合デザイン学科と2年制の漫画、アニメ等を扱うコミック・アート学科が用意されています。

専門学校で培った知識をフル活用して、今の活躍に役立てているに違いないと思いましたが、実は一年足らずで退学しています。

専門学校時代もErnst Eckmannというバンド名で音楽活動はしていましたが、後に解散。

ほぼ同時期にニコニコ動画で自身の楽曲を投稿するが全て撤回していて、後にVOCALOIDを使用して楽曲の投稿を再開をしています。
この辺りからマルチプレイヤーの片鱗が見えてきます。

2008年から2009年の辺りなので、ニコニコ動画が始まった2年後の辺りですね。

学生時代のエピソード

学生時代から音楽活動には積極的に取り組んでいて、作詞、作曲だけではなく、
実はダンスにも挑戦しています。

--結果、ご自身が踊ることに。

米津玄師:はい。でもダンス自体には昔から興味はあったんです。高校生くらいのころにダンスがすごく好きな友だちがいたんですけど、踊ってるのを傍から見てかっこいいなって思ってて。ちょっと教えてもらってやってみても全然できなかったんですけど、こういう動きできたらかっこいいなっていうのはあったんですよ。だから「LOSER」っていうタイミングで伏線が回収されたっていう。そんな感覚です。

このように発言しています。
当時から表現への興味は非常に高いことが伺えます。

まとめ

高校、大学時代の学歴と経歴についてでしたが、いかがでしたでしょうか。

学校は一般的に「みんなが協力して、一丸となって」という風潮がありますが、米津玄師の経歴を見てみると唯我独尊といった感じがうかがえますね。

何かを成し遂げるためには人とは違う選択をする必要があるのかもしれません。

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント