ゆず|YUZUTOWNジャケット作者eBoyの経歴は?注目ポイントも!

ゆず
スポンサーリンク

ゆずのアルバム「YUZUTOWN」のジャケットが、ゲームの世界のような、レゴっぽいような感じでかわいいんですよ!

ピクセルアートというもので、eBoyというアーティストが手掛けています。

ピクセルアートって何?

eBoyって誰?

 

 

そんなあなたのために詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

「YUZUTOWN」ジャケット作者eBoyの経歴は?

ジャケット作者のeBoy
実は、3人組のアーティストなんですよ。

出展:
https://www.fashionsnap.com/article/lv-eboy/

東ベルリン出身のスヴェント・スミタルさんとシュテファン・ザウアータイグさん、西ベルリン出身のカイ・フェルメールさんが1997年に結成。

ピクセルアートの第一人者なんだとか。

AmazonやCoca Cola、NIKE、Addidas等をクライアントに持っているそうです。

また、日本でもHONDA、docomoの広告やUNIQLOのWeb等を手掛けているそうですよ。

これだけ名だたる企業とお仕事されているということは、絶対どこかで一度は目にしてそうですよね。

私は初めてでしたが汗)

そもそも、ピクセルアートって何?と思いましたよね?

私も知りませんでした。

ピクセルアートとは?

では、ピクセルアートについて見ていきましょう。

レトロゲームの低解像度の描写から派生した、正方形の組み合わせからなる「ドット絵」。しかしここ数年はゲームの要素としてではなく、インターネット上で鑑賞するための作品「ピクセルアート」として新たな潮流を生み出している

出展:
https://bijutsutecho.com/magazine/interview/20272

なるほどー!ドット絵のことだったんですね。

根気がいる作業そうです。

そんな中、このようなカラフルで目を引く作品を見事に作りあげられていて、プロの仕事はすごいですねー。

「YUZUTOWN」のコンセプト

「YUZUTOWN」のジャケットがどのように作成されていったのか気になりませんか?

今回は、まずアートディレクターのファンタジスタ歌麿呂さんとゆずと所属事務所の社長がアイディアを練って、コンセプトが作られたそうです。

そして、ファンタジスタ歌麿呂さんのラフスケッチをもとに、eBoyがピクセルアートを作成されたそうですよ。

「YUZUTOWN」のコンセプトについて、ファンタジスタ歌麿呂さんは次のように語っておられます。

新たなゆずの新境地として、世界観を「街」ととらえ、マクロ=大きな像としての街、マイクロ=小さな像としての街の人々の生活。入れ子構造のように、大きな点でも小さな点でも、向き合い、切磋琢磨して生き続ける、そういう絵作りをゆずのふたりの楽曲に乗せて作り上げていこうと、ゆずとトイズ稲葉さんとアイデアを練って作り込んでいきました。

出展:「ぴあ MUSIC COMPLEX SPECIAL EDITION2ゆず」p37

世界観を街として描かれているんですね。

「YUZU YOU」や「LAND」等、ゆず作品のアートディレクションを担当されてきたファンタジスタ歌麿呂さんだからこそ、ゆずが思い描くことをうまく表現できたのかもしれないなと感じました。

この街の中には、いろいろ注目ポイントが盛り込まれていて、それを探すのも楽しいんですよ。

「YUZUTOWN」ジャケットの注目ポイント

では、注目ポイントを探っていきましょう!

3つの街

アルバムの中には、「Pinky Town」「Yellow Town」「Green Town」の3曲のインタールードが収録されています。

そのインタールードにあわせて、アルバム発売前に予告映像が公開されていました。

ゆず NEW ALBUM「YUZUTOWN」Teaser Film #1:PINKY TOWN
ゆず NEW ALBUM「YUZUTOWN」Teaser Film #2:YELLOW TOWN

なんだろうこれ?
とワクワクしますよね!

例えば「Pinky Town」は、「花咲ク街」をアレンジされた曲だったんです。

それがわかった時、

などのように、ファンの間では盛り上がっていました。

「Green Town」は公開されいないですが、
「Yellow Town」もまた違う世界観を感じられる予告になっていて面白いです。

ゆずの曲名が随所に!

街の中のあらゆるところに、ゆずの曲名が散りばめられているんですよ!

例えば、「四時五分」や「栄光の架橋」など。

あなたはいくつ見つけましたか?
よかったら探してみて下さい!

また、この曲は、ライブで歌ってくれるかも?なんて期待もうまれますよね。

ファン同士でそんな話で盛り上がれてよいなぁと思います。

ゆずの二人がいる

ステージ上にいたり、胸像があったりと、ゆずの二人がいるんですけど、見つけられましたか?

空を飛んでいる二人もいて、顔がわからないのですが、もしかしてこれもゆずのお二人なのかな?と予想することもできますね。

他にも、意外なところにいるかもしれません。
そういうのを探すのも楽しいですね!

ゆずスマイルがかわいい

中央のビルのてっぺんにあるゆずスマイル(ファンが呼んでいたのでそう呼ぶことにしますw)。

一番最初に目につきましたよね?

このゆずスマイルがいろいろなところに描かれているのもかわいいですよね。

口がtownになっているのもおもしろい!

恐らくこのビルは、コンサートでステージ上に作られるのではないかな?と思っています。

今回のグッズも、このゆずスマイルがモチーフのようですよ!

YUZUTOWNにおいてまさしくシンボル的存在なんだと思います。

アルバムに入っているブックレットでは、一ヶ所一ヶ所を拡大して描かれています。

こんなのもあったんだ!とまた新たな発見があるかもしれません。
じっくり見て見ると楽しいですよー。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「ゆず|YUZUTOWNジャケット作者eBoyの経歴は?注目ポイントも!」と題して見てきました。

ピクセルアートの第一人者である、3人組のアーティストeBoy。

すごい方達なんですね!

いくつか注目ポイント深掘りしてきて、世界観を細かく描かれていることがわかりました。

このジャケットだけで、ファン同士話が膨らみますねw

アルバムも、この世界観をそのまま曲にしたような、ワクワクするような素敵な一枚になっていますよ!

最後までお読み頂きありがとうございました。

(こちらもどうぞ!)
ゆず|花咲ク街MVの監督は誰?名前とファンの反響も紹介!
ゆずファンの男女比率はどっちが多い?人気のある年代も調査!
ゆず2019|おすすめ曲7選!アルバム名とライブで盛り上がる歌も

コメント

  1. […] ゆず|YUZUTOWNジャケット作者eBoyの経歴は?注目ポイントも! ゆず岩沢厚治の生い立ちは?経歴や学歴(中学校・高校)も紹介! […]