YUKI「sunday girl」歌詞の意味を考察!ファンの声も

YUKI「sunday girl」歌詞の意味を考察!ファンの声も① YUKI
スポンサーリンク

2019年2月に発売されたYUKI、2度目のデビューを掲げたアルバム『forme』
既に購入して聞かれたかも多いのではないでしょうか?

アルバム収録されている『sunday girl』がシングルになって、6月5日にリリースされると発表がありました。
わざわざシングルカットされたということは、ファンの声が挙がったのかもしれませんね。

個人的には非常に好きな楽曲なので、シングルカットされて注目度が上がるのは、素直に嬉しく思います。

さて、今回は『sunday girl』がシングルカットされるということで、歌詞の意味を考察し、併せてファンの声も紹介していきたいと思います。

YUKI「sunday girl」歌詞の意味を考察!

YUKI「sunday girl」歌詞の意味を考察!ファンの声も②

formeに収録されている中で、唯一sunday girlだけYUKIでなはく、細野晴臣がプロデュースしています。

注目の楽曲sunday girl
まずは歌詞の一部を見て、考察を進めていきましょう。

作詞︰YUKI/作曲:細野晴臣

高い空 見上げてたら
いつの間にか ほら こんな場所
ネオンサイン ひとっ飛び
気が付けば ボーダーライン
素顔でスマイル 追いつけないよ
ウランバートルで 待ち合わせ
Sunday Girl いつもごきげん
(Sunday Girl Sunday Girl)
Sunday Girl 今日はどこへでも

イラストレーターなら誰でもできる!Photoshopだけで完結するGIFアニメの作り方 | イラストレーター生存戦略
イラストレーターのみなさん。 まずは目をつむって、自分の絵が動いているところを想像してください。 どうですか? なんだかワクワクしませんか? もしかするとアニメーション制作は難しいんじゃないか?と思っていません? でもGIFアニメは実は意外と簡単。 それも普段からデジタル環境で絵を描いている人でしたら、すぐにも技術が身...

sunday girl
タイトルの意味を直訳するなら、日曜日の女の子とか、日曜日の乙女。休日のひとときに、散歩へ出掛けたような始まりですね。

優しいYUKIの歌声を聞くと、そよ風吹く、暖かな草原のイメージが湧いていきます。

『ネオンサイン ひとっ飛び。気が付けば ボーダーライン』ネオンは夜の街を連想させます。ネオンサインをひっととび、ということは夜を超えて朝を迎えた。

『気がつけばボーダーライン』は日の出を表しているように思えます。夜を越え、朝を迎えた。朝日に映る笑顔が眩しい。という風に捉えてみました。

ウランバートルはモンゴルの首都のウランバートルでしょうか?この場所へ来てごらんと、誘っているようにも思えます。

青い海を飛び越えてということは、推測するに、海を超えた日本の友人に向けての言葉かと考えられます。

余談ですが、このウランバートルは世界一寒い首都として知られ、8月でも稀に0度を下回ることがあります。

日中と夜の寒暖差が激しい場所で、その寒暖差は20度以上になる場合もあるのだとか・・・。

そして、モンゴル名物料理にボーズ(ひき肉を小麦粉の皮で包み蒸した料理)があります。
歌詞に出てくる飲茶はおそらくボーズのことを指しているのではないかと。

休日のひとときの何気ない散歩
自由奔放、風の向くまま気の向くままに。

そんな休日の過ごし方、あなたも一緒にどうですか?
そう問いかけているように思えます。

皆さんはどのように解釈しましたか?

ファンの声も紹介

YUKI「sunday girl」歌詞の意味を考察!ファンの声も③

続いてはsunday girlを聞いて、どんな感想を持ったのか?ファンの声の声を抜粋しつつ、紹介していきますね。

ゆったりとした童謡のような曲調で、YUKIさんの優しい歌声が心地いいです〜^^
いつもごきげんで身軽で過ごせたらいいですよね、人生のモットーにしたいです♪

私もこの方の意見にはウンウンとうなづいてしまいました。YUKIの気だるいさも垣間見える優しい歌声が心地よく、聞き入ってしまいます。

実際に記事を書きながら聞いていたら、安らぎ過ぎて寝そうになりました(笑)

ミュージシャンの細野晴臣氏が作曲、編曲で参加。
極上のポップスを聞かせてくれる、マチガイナイクオリティなんだよなー。
所謂、説明不要な感じで。 コーラスもギターソロもかっけええ!!!っす!!!
自転車で坂を下っている感じが連想される。 ありふれた表現だけど。 つまり最&高!!ってな感じで。

YUKIの歌詞や歌声に関する投稿が多いですが、Sunday Girlに関しては細野晴臣がプロデュースしている点に着目している方も多いですね。

確かに、歌詞にあるように自由気ままに、ご機嫌で過ごせたら、こんな幸せなことはありません。

特に現代日本のような、目まぐるしい速度で日々が流れる場所では、余計に羨ましく思えてきます。

全体を見てみると、絶賛する声が多数見つけられました。中にはformの楽曲全て熱くレビューしているファンのページも!!!

熱意がモニター越しに伝わってきました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

風の吹くまま、気の吹くまま。人は自由にどこへでもいける。
sunday girlの歌詞の意味を私なりに考察しました。

ファンの感想もYUKIの優しい歌声や細野晴臣氏が作曲、編曲しているということで注目している方も多いみたいですね。

最後までご覧いただき有り難うございます。

コメント