メランコリニスタ(YUKI)ジャケットの意味が衝撃!評判も調査!

YUKI
スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

今回紹介させていただくのは、YUKIさんの新曲ではなく2006年に発売されたシングル「メランコリニスタ」についての話題です!

2005年に花王のCMソングにも適応された曲なので、聞いたことがあるという方も多いと思います。

ちなみにみなさんは、シングル「メランコリニスタ」のCDジャケットを見たことがありますか?

みたことがある方、ファンの方々の間ではご存知である方が多いかもしれませんが、

なんと、ジャケットは「裸(ヌード)姿でヤギを抱えている絵」になっています!

ちょっと過激に見えるかもしれませんね。

では、なぜ「裸(ヌード)姿でヤギを抱えている絵」にしたのでしょうか?

それについて探ってみましょう!

「メランコリニスタ」のジャケットの意味が衝撃!

ではまずはじめに、シングル「メランコリニスタ」のジャケットはどのような「意味」が込められているかについてみていきましょう!

ちなみにこのジャケットの肖像画を描いたのは山口智子さんです。

日本では女優としてCM・朝ドラなどにも出演しており、知っている方の方が多いですよね。

さらに、今回の肖像画のような作品も多く描いており、作品を集めたギャラリーまで開催するほどの人気です。

ドイツでは人気のアーティストらしいですね。

ちなみに、ジャケットに写っている肖像画はYUKIさんに見えるかもしれませんが、違うそうです。

では、山口智子さんはシングル「メランコリニスタ」のジャケットの肖像画を「裸(ヌード)姿でヤギを抱えている絵」というちょっと過激なものにしたのでしょうか?

実は、山口智子さんはシングル「メランコリニスタ」のタイトルのイメージでこのような肖像画を描いたそうです!

もともと「メランコリニスタ」とはYUKIさんの造語であり、他にも歌詞の中にも「フランチェックベニスタ」「シスタエンドブラザ」のように名前だけでは意味がわからないようなYUKIさんの造語が含まれています。

なので、タイトルのイメージだけで描いたジャケットということになりますね。

ということは、元々意味を持たないYUKIさんの造語「メランコリニスタ」に山口智子さんが意味をつけたとも言えるのではないでしょうか?

「メランコリニスタ」のジャケットの評判も調査!

では「メランコリニスタ」のジャケットの評判も調査していきましょう。

やはり、「裸(ヌード)姿でヤギを抱えている絵」という絵はインパクトがあり、興味を引かれたという方が多くみられました。

曲自体も、YUKIさん独特の歌声による世界観が広がるようなメロディーとなっています。

いい感じのメロディーで元気をくれるいい曲ですね!

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

「裸(ヌード)姿でヤギを抱えている絵」のようにちょっと過激なジャケットだとインパクト性があり興味を引きやすいですよね。

ですが、その肖像画は「メランコリニスタ」というYUKIさんの造語からのイメージによって書かれたものでした。

何かしらの意味をもたない造語「メランコリニスタ」から多くの方々の興味を引かせる肖像画を描ける山口智子さんはすごいですね。

しかし、シングル「メランコリニスタ」のミュージックビデオもエロチックになっていますので、もしかいたらそちらの方に肖像画をよせているのかもしれませんね。

逆に、肖像画の雰囲気からエロチックなミュージックビデオが作成されたのかもしれません。

そこのところは、読者のご想像にお任せします。

ちなみに、YUKIさんは他のCDのジャケット写真もちょっと過激な写真を使用しているものもあります。

興味がありましたら、検索してみてください。

今回は最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント