米津玄師|かいじゅうずかん復刻版の評価・評判は?ファンの感想も!

米津玄師|かいじゅうずかん復刻版の評価・評判は?ファンの感想も! 米津玄師
スポンサーリンク

シンガーソングライターとして「Lemon」の大ヒットや2018年の紅白歌合戦への出場を果たし、6月には新曲「海の幽霊」を公開した米津玄師さん。
その活躍の場は、音楽だけにとどまらないことをご存知でしょうか?

実はイラストレーターとしての顔も持つ、米津玄師さんの単行本「かいじゅうずかん」の復刻版の発売が決定しました!
2016年に発売されて以来、品切れが続いていた「かいじゅうずかん」、ファンの方にとっては待望の復刻版ではないでしょうか。

この記事では、「かいじゅうずかん」の復刻版の評価や評判、またファンの感想についてまとめました。

米津玄師「かいじゅうずかん」とは?

「かいじゅうずかん」とは、音楽雑誌『ROCKIN’ON JAPAN』で米津玄師さんが2013年8月号〜2015年12月号まで掲載していた「かいじゅうずかん」を書籍化したものです。
米津玄師さんの描く「架空のかいじゅう」について、その形態や物語をイラストと文章で紹介しています。

米津玄師|かいじゅうずかん復刻版の評価・評判は?ファンの感想も!参照:http://www.rockinon.co.jp/product/book/143388

版 型:B5判変
初版発行日:2016/12/10 発売

連載時に掲載されたかいじゅうたちに13体の新たなかいじゅうを加え、書籍では計41体のかいじゅうが登場します。
また、かいじゅうの世界観を表現した楽曲「love」が収録され、目と耳で楽しめる1冊となっています。

復刻版「かいじゅうずかん」はオリジナルの「かいじゅうずかん」をそのまま復刻しているとのことですが、オリジナルと何が違うのでしょうか?

ずばり、復刻版とオリジナルとの大きな違いは、値段です。
オリジナルは4300円+税だったのが、復刻版の値段は8000円+税となっており、
おおよそ2倍の値段となっております。。。

なぜ値段が高騰してしまったのでしょうか?
その理由はバーコ印刷という特殊な印刷手法にあるそうです。

バーコ印刷は「かいじゅうずかん」の表面のイラストに使用されていて、線が盛り上がる特殊加工で印刷されています。
この特殊印刷の素材価格の高騰や、バーコ印刷をできる工場が少ないことから、印刷原価が上がってしまったようですね。

出版元のロッキング・オン・グループも、価格の値上げについて「心苦しい決断」としています。
また、今回の重版分で復刻版の出版は終了するとのことです。

復刻版の発売日は8月を予定しており、予約受付は米津玄師さんのサイトで6月28日~、全国の書店で6月29日~となっております。

復刻版と同時に新装版も発売されるのですが、この新装版はバーコ印刷を使ってないため
価格が2500円+税とお手ごろな値段になっています。

米津玄師|かいじゅうずかん復刻版の評価・評判やファンの感想

参照:https://reissuerecords.net/discography/mad-head-love-%e3%83%9d%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%a2%e3%83%91%e3%82%b7%e3%83%bc/

値上げと最終出版が気になる「かいじゅうずかん」復刻版ですが、ファンからはどのような評価なのでしょうか?
評判や感想をまとめてみました。

読む、というよりは、眺める「かいじゅうずかん」。ひとつひとつが可愛くていとおしくて、でも怖くて憐れで哀れなかいじゅうたち。新曲の「love」も祈りの歌のようで、目を閉じて静かに聴いていた。
参照:https://bookmeter.com/books/11283764

「かいじゅうずかん」はカード仕様になっていて、カードの表にかいじゅうのイラスト、裏に名前と生態を印刷してあります。
額縁に入れて飾りたいという人もいるみたいですね。

架空のかいじゅうを集めたずかん。パッケージも固く手が込んでいて、一枚一枚が独立していて飾るのにもいいかも。かいじゅうの説明に少しドキッとする。付属CDの新曲「love」を聴きながら何回でも読み直したい。
参照:https://www.hmv.co.jp/artist_%E7%B1%B3%E6%B4%A5%E7%8E%84%E5%B8%AB_000000000477209/item_%E3%81%8B%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%85%E3%81%86%E3%81%9A%E3%81%8B%E3%82%93_7417205

見て楽しむだけでなく、収録されている楽曲「love」を聴きながら米津玄師さんの世界にどっぷり浸れるのも「かいじゅうずかん」ならではの楽しみ方のようですね!

また、復刻版の予約についてのファンの声をまとめてみました。

書店で予約しようとした人は、入荷が確約できないので仮予約になってしまったようですね。
公式サイトで予約すると、送料840円が追加でかかってしまうので、できれば送料は抑えたいところですよね。。。

https://twitter.com/O3r2im2n6k85N1k/status/1146013916947812352?s=19

値段を理由に復刻版を買うのを諦めた人もいるようです。

しかし、すでに「かいじゅうずかん」を持っているけれど復刻版を買う!という方もいました。

https://twitter.com/naofogbound1101/status/1145169899221704705?s=19

やはり、復刻版は今回の出版分がなくなり次第終了、ということでかなり人気があるようですね。
場所によっては店頭に並ばない書店も出てくるかもしれないので、確実に手に入れたい方は米津玄師さんの公式オンラインショップからの予約をおすすめします!

まとめ

2016年の発売以来、その人気ぶりから品切れが続いていた米津玄師さんの単行本「かいじゅうずかん」。
その復刻版が発売されることで話題になっていますが、値段の高騰と限定発売ということで、かなりのプレミアがつくのではないでしょうか?

米津さんの描く、繊細で不思議な世界観のかいじゅうたちが気になる方は是非チェックしてみて下さい。

合わせて読みたい↓↓↓

米津玄師かいじゅうずかんフィギュアが可愛い!人気や評判が気になる
米津玄師「海の幽霊」発売日はいつ?価格・値段も調査!ファンの声も
米津玄師の生い立ちや家族構成は?実家はお寺って本当なの?

コメント