米津玄師「アイネクライネ」MVの絵師(イラストレーター)は誰?

米津玄師「アイネクライネ」MVの絵師(イラストレーター)は誰?① 米津玄師
スポンサーリンク

「海の幽霊」を提供することが決まり、まちがいさがしの楽曲提供したりと話題が尽きない米津玄師。

今回は米津玄師の代表作である「アイネクライネ」のMVを書いている絵師、イラストレーターは誰か?ということに照準を合わせて書いていきます。

どうぞ最後までご覧下さい。

米津玄師「アイネクライネ」MVの絵師は誰?

米津玄師「アイネクライネ」MVの絵師(イラストレーター)は誰?②

2014年に発表された米津玄師の「アイネクライネ」
シングルカットされていない曲にも関わらず、人気の一曲となっています。

YouTubeの再生回数も1.9億再生を超え、今にも2億再生に届きそうです。

桁が多すぎて「イチ、ジュウ、ヒャク、セン、マン」と何度か数え直しました。

「アイネクライネ」のMVは、「Lemon」の様に米津玄師本人が出演している作品ではなく、絵師によって書かれたイラストが流れる作品になっています。

優しい絵のタッチに、カラフルな配色。一体絵師は誰なのか?とMVを見ながら気になった方も多いのではないのでしょうか?

実はこの「アイネクライネ」のMVは全て米津玄師が手がけています。

最後まで見るとわかりますが、「MOVIE&ILLUST&MUSIC 米津玄師」と出てきます。

作曲が出来て、イラストレーターも出来て、ダンスも踊れるなんて・・・。
いや、ちょっと、多彩過ぎじゃありませんか(笑)

ご存知の通り、米津玄師はニコニコ動画出身です。

ボカロ楽曲はニコニコ動画で数多く投稿されていたため、他の投稿を見てみてもイラストで構成されたMVが数多く存在します。

しかし、同じイラストで構成されている楽曲でも、音楽の作り手とイラストレーターは別であったり、終始一枚絵のみで動きが無いもので構成されたりと、分業の作品も見数多く見られます。

1人で全てを手がける米津玄師。
作詞、作曲、イラスト等の作業を考えると、1人で3〜5人分くらいの仕事量ですね。

制作時間は?

米津玄師「アイネクライネ」MVの絵師(イラストレーター)は誰?③

続いては制作時間にどれほど費やしたか見てみましょう。

「アイネクライネ」のMVは終始、背景や人物に動きがある作品。

常に背景のグラデーションが流れ、登場人物に動きはなくても、髪に動きを付けたりと静止している瞬間がありません。

私のような素人目から見ても、4分55秒の動画を作るのに、多くの制作時間があてられたことが想像出来ます。

正直、人物が止まっている部分に関しては、「一枚絵出しながら、数秒間流してもいいんじゃない?」と、ものぐさな私は考えてしまいます。

あるラジオ番組で一枚にかける時間は5時間〜6時間使うと発言していたようです。そしてtwitterの内容を見てみると2〜300枚。

少なく見積もっても200枚×5時間=1,000時間
24時間寝ないで作業して41日。
夏休みを捧げて、ようやく完成する作業です。

しかもイラストだけでこの時間・・・。
総製作時間は一体何時間なのか?
考えただけでめまいがしそうです。

ニコニコ動画に投稿されている他の動画でも、一枚絵で数秒間静止しているシーンは結構あります。

手を抜いていると言いたいわけではありませんが、妥協点としていいんじゃないかと・・・。

しかし、妥協をしないからこそ、完成度の高い米津玄師の作品が出来ているわけですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アイネクライネのイラストレーターは一体誰か?
答えは米津玄師本人。

膨大な時間をかけ、自身で作曲した曲にイラストを付け完成させています。

1人で全てをこなす米津玄師だからこそ、音楽とイラストのズレのない作品が作れるのかもしれませんね。

最後までご覧いただき、有り難うございます。

コメント