竹原ピストルのギターメーカーはどこ?ブランド名や価格・値段も調査

竹原ピストル
スポンサーリンク

ギター1本で観客を魅了する孤高のシンガーソングライター竹原ピストルさん。

代表曲「よーそこの若いの」で有名です。

ギターのテクニックが上手で、アコギの音色がすごくロックサウンドで注目を集めています。

竹原ピストルさんは、いったい何のギターを使っているのか?非常に気になりますよね。

ライブでもカッコイイギターを使用しているのが分かります。

ギターによっても音や特徴が全然違いますよね!

今回は、そんな竹原ピストルさんのギターのメーカー、ブランド品、価格、値段について調査をしました。

竹原ピストルさんのギターのメーカーは?ブランド名は?

竹原ピストルさんのギターのメーカーは、ヤマハのギターを使用しているようです。

ヤマハは、日本の楽器のメーカーで、明治時代に創業した、国内トップブランドのメーカーです。

ピアノの生産量は、世界シェアの1位だそうです。

ヤマハについてはこちら!

出典 https://jp.yamaha.com/products/musical_instruments/index.html

竹原ピストルさんは、ヤマハのギターで、FGー200を使用しております。

ツアーでも古いヤマハのFGー200を2本を使っており、竹原ピストルさんもお気に入りとしても有名です。

ヤマハのFGー200について調べていきました。

ヤマハのFGー200は、1966年に国産フォークギター第1号として発表されました。

フォークソングブームに乗ってアマチュアからプロまで幅広いユーザーが使用していて非常に人気のギターと言えます。

出典 https://www.ebay.com/p/Yamaha-Fg-200-Acoustic-Guitar-Made-in-Japan-744h14/1200569241

竹原ピストルさんは、ヤマハFGー200を使用していて上手くギターを弾く姿が印象的です。

それでは、竹原ピストルさんのヒット曲でテレビの東京系のドラマ24の「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」のエンディングテーマに起用されたForever Youngを見てみましょう!

他にも、海外の有名メーカー、ブランドのギブソンのSJ-200も使用しているという情報をあります。

ギブソンのSJー200は、1937年の発表されて、ギブソン・アコースティック・ライン最大のボディ・サイズを持っています。

SJ-200はアコースティック・ギターとして、不動の人気を誇り頂点に君臨して今をなお、輝きを放っています。

ロックから、カントリーまで幅広く使用されています。

出典 https://gibson.jp/acoustic-instruments/7085

ギターの価格・値段は?

竹原ピストルさんが使用をしているギターFG-200は、定価は当時1万8千円で販売をされていました。

だけど、今は、初期モデルで状態の良いものは現在10万円以上の値段で取引されているそうです。

FG-200はFG-180の後継器であるがそうでうが、設計や材は後期FG-180とほとんど変わらないようです。

だが、FG-180の名前が後に有名になりすぎたために、ほとんど同じ仕様なのですが、FG-200になると現在の価格は後期FG-180の4分の1ほどになったようです。

続いて、SJー200の価格について見ていきます。

SJー200は、非常にヒストリーを感じるギターです。

1950年代と、1960年代のSJ-200は、100万円以上と高額で、1970年代のSJ-200は、30~40万円、新品のSJ-200は、40~50万円と、年代によって価格が違い、やはりもっとも古い年代がもっとも高額と言うことが分かりました。

まとめ

いかがでしたでしょうか、今回は竹原ピストルのギターメーカーはどこ?ブランド名や価格・値段について調査をしました。

竹原ピストルさんは、ヤマハのFGー200ギブソンのSJ-200を使用していることが分かりました。

ヤマハのFGー200は、竹原ピストルさんが使用していることで話題となり、現在非常に売れていて、価格も上がっているとか!

やはり、ギターそのものの魅力をそうですが、有名なアーティストの影響も大きいなと感じました。

ギブソンのSJ-200も大物ミュージシャンが使用しているようです。

この先の竹原ピストルさんの活躍にも期待をしたいですが、使用しているギターにも注目していきましょう。

コメント