竹原ピストルの演技力の評価・評判は?俳優としてのファンの感想も!

竹原ピストル
スポンサーリンク

ギター1本で観客を魅了する孤高のシンガーソングライター竹原ピストルさん。

代表曲「よーそこの若いの」でも有名です。

紅白歌合戦にも出場を果たしましたね!

いきなりですが、竹原ピストルさんは、シンガーソングライターとしても有名なのですが、俳優としても活動をしていることを知っていましたか?

しかも、演技力はかなり高いようで、俳優としても注目をされているようです。

才能の塊です!

さて今回は、竹原ピストルの演技力の評価・評判は?俳優としてのファンの感想も!について調査をしました。

竹原ピストルさんの演技力の評価・評判は?

竹原ピストルさんの演技力の評価・評判は、かなり高いと思います。

様々な賞を受賞したり、大物有名人からも絶賛されているそうです。

それでは、竹原ピストルさんの演技力について見ていきます!

2006年に、映画『青春☆金属バット』に主演を果たします。

この映画で、俳優として活動を開始します。

映画のテーマソングも、野狐禅で活動をしていた時に、担当をしました。

2011年には、ダウンタウンの松本人志さんが監督をした作品『さや侍』に「竹原和生」の名義で出演をしました。

この映画で主題歌である「父から娘へ 〜さや侍の手紙〜」も担当をしたことでも有名ですね!

松本人志さんは、竹原ピストルさんを評価をしていて、映画『さや侍』に重要な役として起用をたことについて語っています。

「才能がある人が認められていないと……」と言葉を詰まらせて、「僕が何もしなくても彼は日の目を見ると思いますけど、ちょっとでも手助けできたら」などと語りました。

竹原ピストルさんの才能を高く評価したようです。

松本人志さんに高く評価されるなんてスゴイなと感じました。

竹原ピストルさんは、感激を受けて、「俺のアディダス 〜人としての志〜」という歌を作りました。

この歌は、とてもいい歌で感動する曲ですね!

2016年の映画『永い言い訳』に出演をした時は、竹原ピストルさんにとって快挙を成し遂げました。

第90回キネマ旬報ベスト・テン助演男優賞を受賞や第40回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞しました。

どれも有名な賞ばかりですね!

そう簡単に取れるものではありません!

シンガーソングライターとしての傍こんな賞を取れるなんてスゴイと思いました。

主演をして、竹原ピストルさんとも仲の良い本木雅弘さんは、「魂そのもののようなあの存在の前では、体裁屋の自分はもう小さすぎて笑うしかない」と絶賛をしています。

西川美和監督も「竹原さんの持つ魂がちゃんと出て、あの人自身の生き方がフィルムに焼き付くな、とワンカットずつ思っていました」と評価をしています。

しかし、竹原ピストルさん本人は、俳優としての活動について、「全く自信がない。歌だけが一番自信がある」と言い切っていて、あまり納得がいっていないんだとか笑

この他にも、2007年に、シバザキ役として、『フリージア』に出演をしたり、2010年に井川颯太役で、『海炭市叙景』に出演、2014年に花の父親役で『私の男』に出演をしていて、竹原ピストルさんの演技には大注目ですね!

俳優としてのファンの感想を紹介!

それでは、竹原ピストルさんの俳優としてのファン感想をしていきます!

https://platform.twitter.com/widgets.js

竹原ピストルさんの演技がきちんと評価されて嬉しいですよね!

俳優としても素晴らしいです。

https://platform.twitter.com/widgets.js

大好きな人の映画のDVDは、欲しいですよね!

「海炭市叙景」は、良い作品です。

まとめ

いかがでしたでしょうか、今回は竹原ピストルの演技力の評価・評判は?俳優としてのファンの感想も!について調査をしました。

竹原ピストルさんは、シンガーソングライターとしての評価・評判が良いだけでなく、俳優としても評価・評判も良いことが分かりました。

2016年の映画『永い言い訳』では、第90回キネマ旬報ベスト・テン助演男優賞を受賞や第40回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞をする快挙を果たしたようですね!

ファンの声も竹原ピストルさんの評価・評判は、かなり良いことも分かりました。

竹原ピストルさんのシンガーソングライターとしての活躍だけでなく、俳優としての活躍にも期待をしたいです!

コメント