高橋優の学歴(中学・高校)や偏差値は?学生時代のエピソードも紹介

高橋優
スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

大人のみなさんは学生の時はどのような学園生活をしていましたか?

今学生の方々はどのような学校生活を送っていますか?

学校生活といえば、学業・恋愛・遊びなど様々な楽しみがありますよね。

そんな学校生活ですが、高橋優さんはどのようにして送ってきたのでしょう?

今やシンガーソングライターとして有名になった高橋優さんの原点の一つとも言っても過言ではない学園生活を

今回は、高橋優さんのの学歴(中学・高校)や偏差値、学生時代のエピソードとともに紹介していきたいと思います。

高橋優さんの学歴について

では初めに、高橋優さんの学歴について見てみましょう!

高橋優さんは、地元である秋田県横手市の中学校である山内村立山内中学校(現在閉校しており、他中学校と統合)に入学しました。

中学校時代は生徒会長も務めており、模範的な学生生活を送っていたらしいですね。

学校としてはスポーツ活動が盛んであり、高橋優さんも陸上部に所属していたそうです。

そして、この頃から音楽活動としてコピーバンドを結成しており、そのボーカルを務めていました。

山内村立山内中学校を卒業後は秋田県横手市の湯沢商工高等学校商業科(現在の湯沢翔北高校)に入学しました。

高校生活では先生から「歌うよりも勉強しろ」と言われるくらい歌い続けていたそうです。

この頃から本格的な音楽、楽曲製作などを始めていたようですね。

まさに「勉学より音楽中心」の生活を送っていたらしいです。

偏差値はどうだったの?

湯沢商工高等学校商業科(現在の湯沢翔北高校)の偏差値は49でした。

世間的にみてみると偏差値50が平均ラインですので、高橋優さんが通っていた学校は比較的に学力が標準的ですね。

学生時代のエピソードを紹介!

ここからは高橋優さんの学生時代のエピソードについて書いていきたいと思います。

どうやら高橋優さん、小学生時代はコミュニケーションが苦手でいじめられていたそうなんです。

ですが、中学生の時に友人の方が助けてくれたそうです。

高橋優さんはこの出来事を「心の扉」にたとえていました。

いじめられて「心の扉」を閉じていた頃に友人が「心の扉」をノックしてくれ、コミュニケーションをとる機会をくれたというエピソードです。

このエピソードはいろんなことを感じさせてくれますね。

心の扉」を自分では開けなくなってしまった時、他の人が「心の扉」を開けることはできないけれどノックしてきっかけをくれた時、自分の方から一歩踏み出すことが大切であると教えてくれます

高校の時はバンドを組んでいて、「BRAHMAN」のコピーバンドをしていたそうです。

そのバンドメンバーで、一度だけオリジナルで曲を演奏したそうですが、周りのバンドがコピーしかしておらず浮いてしまい、メンバーの心が折れてしまったそうです。

確かに、周りと違うことをやっているとたまに心が折れそうになってしまうことはありますよね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

高橋優さんは中学生の時には生徒会長を務めるくらい模範的な学生生活を送っていたそうですが、高校生にもなると、音楽活動に熱中し「勉学より音楽」って生活になっていたそうですね。

ですが、そんな高校生活があったからこそ今の高橋優さんがあり、いい曲を多く残しているんですね。

先ほど紹介した、高橋優さんの「心の扉」についてのエピソードはいろんなことについて考えさせてくれますよね。

自分から行動しなければ「心の扉」を開けることはできない。

その「心の扉」を自分から開けるという経験があったからこそ、今の高橋優さんがありシンガーソングライターとして活躍しているのではないかと思います。

今回も最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

コメント