平井堅「#302」の歌詞の意味は?4分間のマリーゴールド主題歌の評価も

平井堅
スポンサーリンク

平井堅さんが主題歌を担当している「4分間のマリーゴールド」。
タイトルは「#302」さんまるにと読むそうです)と発表されました。

不思議なタイトルですよね?
どんな意味があるのか気になります。

歌詞の意味を探れば、タイトルにこめられた意味もわかるかもしれません。

そこで、歌詞の意味について考察してみたいと思います!

また、4分間のマリーゴールドの主題歌としてどのように評価されているかも見てみたいと思います!

こちらの記事もあわせてどうぞ!

平井堅|4分間のマリーゴールド主題歌を考察!どんなラブソング?

「#302」歌詞の意味は?

まず、歌詞の意味を考察してみたいと思います!

歌詞については、こちらのサイトに記載がありました。
https://www.lyrical-nonsense.com/lyrics/ken-hirai/302-2/

これで全部なのか、まだ情報が少ないためわかりませんでしたが、とりあえず現在わかっている歌詞について考察していきます。

この曲がどんな曲か下記のように紹介されています。

“自らの身を削るほどに、焦がすほどに相手を想う気持ち”というドラマとの共通項に、ドラマと並走するような、もう1つのラブストーリーを紡ぐつもりで書いたミディアム・バラード曲となります。

出展:http://www.sonymusic.co.jp/artist/KenHirai/info/510868

「自らの身をけずるほどに、焦がすほどに相手を想う気持ち」というのが大きなテーマとなっているようです。

歌詞を見ると男性目線で書かれた歌詞ですね。
男性が女性を想う気持ちを書いた曲のようです。

男性と女性の関係は恋人でしょうか?友達でしょうか?いくつくらいの設定なのでしょうか?

男性と女性は恋人なのかなと思いましたが、「かわりでもいい」とあるので、男性と女性は友達で、男性の片思いなのではないでしょうか。

公園通りは、渋谷の公園通りのことかなと思いました。
渋谷でカラオケというところから、10代から20代の男女なのかなと想像しました。

「本当に笑える時が来るまで」というところから、もしかして女性は恋人と別れたか死別して、心から笑えない状態なのかなと思いました。

「カラオケしたいな」と突然言い出したのも、気を紛らわしたかったからなのかもしれませんね。

男性は、「めんどくさそうな顔を作ってみたけど本当はすごくうれしかった」とあるように、男性にとっては一緒にいられるので嬉しかった一言だったようです。

ここからも、男性と女性の気持ちに温度差があるように感じられるので、男性の片思いのように思えます。

男性が歌うラブソングを真面目に聞き、寂しげな横顔の女性。別れた男性のことを考えているのかもしれませんね。

忘れられない思い出を思い返して今にも泣きそうな状態なのでしょうか。

女性は別れた男性のことを忘れられず、一緒にいても男性は辛いだけだけど、その人のかわりでもいいからただそばにいたいという気持ちを歌った歌なのではないかなと感じます。

男性の、「自らの身を削るほどに、焦がすほどに相手を想う気持ち」なのではないかなと思います。

また、女性が別れた男性を想う気持ちも、「自らの身を削るほどに、焦がすほどに相手を想う気持ち」なのではないかなと思います。

タイトルの「#302」については、部屋番号なのでは?と考察していた方がいましたが、そうなのかなと私も思います。

カラオケで入った部屋が302号室だったのではないでしょうか。

でも、302はただの部屋番号ではなくて、女性と別れた男性が住んでいた部屋番号だったとか、記念日だったとか、亡くなった日が3月2日だったとか、何か特別な意味を持つ数字なのだと思います。

カラオケに行った時に、その数字を見て女性は別れた男性のことをまた思い出してしまったのかもしれません。

いろんな意味をこめた特別な数字ということで、協調して「#302」なのかなと考察しました。

確かに、もう一つのラブストーリになっていて、平井堅さんはすごいなと思います。

4分間のマリーゴールド主題歌の評価は?

「4分間のマリーゴールド」の主題歌として流れていますが、聞いた方の評価も気になりますよね。

ファンじゃない方でも口ずさんでしまう位、耳に残る素敵な曲なようですね。
結構若い年代の方が多く見られそうなドラマなので、若い年代のファンが増えるかもしれませんね。

平井堅さんはバラードのイメージが強いからですかね。
でも、どのドラマでもイメージにぴったりの曲だからすごいですよね。

ラジオですでにオンエアされているのですが、現在わかっている歌詞とは違う歌詞もあるようです。
他の歌詞も見ると、また歌詞の意味も変わってくるかもしれませんね。

武道館と言っておられるのは、この曲は、5月の武道館でのライブで、未発表でタイトルのない曲として歌われた曲だったそうです。

ファンの方は、一足先に耳にしていたんですね!
ファンの方に真っ先に聞いて欲しいなんて優しいですね。

ファンの方からもファンじゃない方からも、主題歌としてぴったりという声が多く、ほとんど否定的な声はありませんでした。
さすが平井堅さんですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「平井堅「#302」の歌詞の意味は?4分間のマリーゴールド主題歌の評価も」と題して見てきました。

歌詞の意味を次のように考察してみました。

10代か20代位の男性が友達の女性に片思いしていて、女性は別れた男性のことが忘れられずにいる。

女性がカラオケに行きたいと言い、男性がラブソングを歌うと真剣に聞いているが、忘れられない思い出を振り返っているかのようにどこか寂しそう。

男性はその人のかわりでもいいからそばにいたいと思っていて、そんな男性の「自らの身を削るほどに、焦がすほどに相手を想う気持ち」を歌っている。

また、女性が別れた男性に対する「自らの身を削るほどに、焦がすほどに相手を想う気持ち」も歌っている。

タイトルの「#302」は、カラオケの部屋番号なのではと考察しました。

ただ302は、女性にとって、別れた男性との思い出の特別な数字だったのではないか、そして、その数字を見た時に別れた男性のことを思い出してしまったのではないかとも考察しました。

「4分間のマリーゴールド」の主題歌としての評価を調べてみましたが、ファンだけでなくファン以外の方からも好評なことがわかりました。

歌詞は他にも続きがあるようですので、全部の歌詞が公開されるのが待ち遠しいですね。

今回は、私の個人的な解釈でしたが、いろいろな解釈があるかと思います。

今後歌番組に出られたり、インタビューが掲載され、平井堅さんの口からどのような曲か語られるのを楽しみに待ちたいですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

平井堅さんに関連する記事はこちらもどうぞ!
平井堅|ファンの男女比率はどう?人気のヒミツやファンの声も紹介!
平井堅|過去のドラマ主題歌まとめ!曲名とアルバム名も紹介!

コメント