あいみょん【空の青さを知る人よ】歌詞の意味を考察!ファンの声も!

あいみょん
スポンサーリンク

あいみょんさんの話題の新曲「空の青さを知る人よ」。

映画の主題歌として有名の曲です。

「空の青さを知る人よ」の歌詞の意味について気になります。

ファンの声についても気になるところ・・・

そこで今回は、あいみょん【空の青さを知る人よ】歌詞の意味を考察!ファンの声も!について紹介していきます。

あいみょん【空の青さを知る人よ】歌詞の意味を考察!

まずは、あいみょんさんの空の青さを知る人よの歌詞の意味を考察していきます!

映画、「空の青さを知る人よ」の「相生あおい」の物語のように感じていて、主人公「相生あおい」と姉の「あかね」と姉の元恋人「金室慎之介」で13年前の過去から時間を超えてやってきた姿の「しんの」がポイントとして見ていきます。

その上であいみょんさんは、冒頭の部分は13年前の過去から来た18歳の「しんの」に恋心を抱く「相生あおい」の心模様を表しているのではないかと思います。

全然好きじゃなかった ホラー映画とキャラメル味のkiss
全然好きになれなかった
それなのにね 今は悲鳴をあげながら 君の横顔を探している

現在17歳の「相生あおい」ですが両親を失ってしまった13年前は4歳のことで、幼い頃はまだ「ホラー映画とキャラメル味のキス」は、幼かった「相生あおい」がイメージする大人や恋愛像は、あまり好きではなっかたり、理解をできなかったのではないでしょうか。

13年のときを経て17歳という大人と子供の間になった彼女の前に「しんの」が現れ、「相生あおい」は彼に恋心を抱いていって、以前は好きになれなかったし、理解できなかった恋愛というものを「しんの」という人物を今では好きになってしまうという感情の変化を表していると思います。

赤く染まった空から 溢れ出すシャワーに打たれて
流れ出す 浮かび上がる 一番弱い自分の影
青く滲んだ思い出 隠せないのは もう一度
同じ日々を 求めているから

ここからは、自分を育てるために青春を捨てた「相生あおい」の姉「あかね」に対する罪悪感などが描かれていて、「一番弱い自分の影」からは、後ろめたい気持ちが大きいことが表現されているのだと思います。

青く滲んだ思い出」からは、崩れた青春のことで、恋を捨てた「あかね」の過去を表していて、「相生あおい」は、姉の「あかね」に対して「青春を取り戻してほしい」と思っていることが伝わります。

君が知っている 空の青さを 知りたいから
追いかけている 追いかけている 届け

当時4歳で空の青さをまだ知らなかった「相生あおい」が、姉の青春の日々を取り戻すために、自分の知らない姉の姿を取り戻すために頑張っていき、この映画ならびに主題歌「空の青さを知る人よ」で描かれるものではないでしょうか?

最後の「届け」は、この気持ちがどれだけ伝わってほしいというのが分かりますね!

あいみょんさんのセンスを感じます。

「空の青さを知る人よ」のMVはこちら!

映画の情報はこちら!

あいみょん【空の青さを知る人よ】についてのファンの声も!

ここでは、あいみょんさんの「空の青さを知る人よ」についてのファンの声について見ていきます。

https://platform.twitter.com/widgets.js

空の青さを知る人よ」は、いい曲ですよね!

何度聞いても飽きないです。

https://platform.twitter.com/widgets.js

今回のあいみょんさんの新曲の「空の青さを知る人よ」は、歌詞が非常に爽快でかなりポップだと思います。

深みがある曲ですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか、今回はあいみょん【空の青さを知る人よ】歌詞の意味を考察!ファンの声も!について調査しました。

特に、「君が知っている 空の青さを 知りたいから 追いかけている 追いかけている 届け」という部分には感動をしました。

ファンの間でもかなり好評です。

気になった方はお聴きになってはいかがでしょうか?

映画も楽しみですね!

今後のあいみょんさんの活躍に期待をしたいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント