あいみょんが尾崎豊に感銘を受けた部分は?好きな曲も合わせて紹介!

あいみょん|マリーゴールドpvの場所(ロケ地)はどこ?監督も紹介 あいみょん
スポンサーリンク

10~20代の若者世代を中心に多くの世代から注目されているシンガーソングライターあいみょんさん。

そんなあいみょんさんが好きなアーティストの一人として、尾崎豊さんの名前をあげているんです。

そもそも尾崎豊さんってどんな人なの?

そんな疑問から尾崎さんの簡単なプロフィールをご紹介していきたいと思います。

また、あいみょんさんが尾崎さんに感銘を受けた部分や尾崎さんの好きな楽曲についても調査してみました。

よろしければ、最後までお付き合いくださいね!

尾崎豊ってどんな人?


出典:尾崎豊は死してもなお愛される、「過ぎ去った時間」と「オンナの今」

そもそも尾崎豊さんとはどんな方なのでしょうか?

まずは、簡単なプロフィールを交えてご紹介していきたいと思います。

名前:尾崎豊
生年月日:、1965年11月29日
出身地:東京都世田谷区
職業:シンガーソングライター

1983年12月、シングル「15の夜」アルバム『十七歳の地図』でデビューした尾崎豊さん。

当時の若者世代から共感される曲を多く輩出し、カリスマ的存在となりました。

「15の夜」といえば、とても有名な曲で現代の20代でも知っている方が多い楽曲かと思います。

ところが、人気絶頂の最中1992年に当時26歳の尾崎さんは突然死してしまいます

今でも、その死に関して多くの死亡説が唱えられていますが、実際のところは解明されていません。

尾崎さんが死去した後も、彼の楽曲たちだけでなく彼自身を支持する方たちが絶えず、宇多田ヒカルさんを始めとする多くのアーティストが彼の楽曲をカバーしています。

あいみょんが感銘を受けた部分とは

まず、あいみょんさんのような若い女性が尾崎豊さんを聴くこと自体珍しいような気がするのですが、どんなきっかけがあって聴くようになったのでしょうか?

調査してみたところ、きっかけはあいみょんさんのお父さんにあったようです。

音響関係の仕事をしていたお父さんの聴いていた曲をあいみょんさんも聴くようになったのだとか。
参考:https://natalie.mu/music/pp/aimyong02

お父さんがWalkmanに尾崎豊さんの曲を入れてくれたことがきっかけだったと本人もインタビューで語っています。

過去のインタビューではこのように話しています。

音楽をやるようになってだんだん男性ソロシンガー、とくにフォークと呼ばれるものに傾倒していくようになりました。
引用:あいみょんが明かす、リアルな歌と言葉が生まれる瞬間 「古い人間のままではいたくない」

音楽を始めてから、さらに男性ソロシンガー、フォークに影響されていったようですね。

あいみょんさんといえば、男性目線のラブソングが多いことでも有名ですが、こういった尾崎豊さんのような男性ソロシンガーの楽曲に感銘や影響を受けていったのかもしれません

あいみょんの尾崎豊の好きな曲

あいみょんの使用ギターはどこのメーカー?ブランド名や価格も紹介!

では、あいみょんさんの尾崎豊さんの好きな曲にはどんなものがあるのでしょうか?

残念ながら、どの曲が好きという情報は見つけることができませんでした

しかしながら、あいみょんさんがYoutubeライブの中で尾崎豊さんの「15の夜」を口ずさんでいたことがわかりました。

「15の夜」といえば、尾崎豊さんの代表曲といっても過言ではないくらい有名な楽曲ですよね。

「盗んだバイクで走り出す」という斬新な歌詞が使われていたり、かなり衝撃的な楽曲ではありますが、若者の心の叫びを表現した唯一無二の素敵な曲となっています。

あいみょんさんは”がっつりハマったアーティスト”として尾崎豊さんの名前をあげているので、こちらの「15の夜」だけでなく沢山の楽曲を好んで聴いているのではないかなと予想します。

まとめ

今回はシンガーソングライターあいみょんさんの感銘を受けたアーティストである尾崎豊さんについて調査してみました。

その結果、尾崎さんが亡くなられた後も沢山の方から支持されている素晴らしいアーティストだということがわかりました。

また、あいみょんさんの楽曲には男性目線のラブソングが多いことが知られていますが、こういった尾崎さんのような男性ソロシンガーから大きく影響を受けているのではないかと予想しました。

独特な世界観でファンを魅了しつづけるあいみょんさんですが、これからはどんな楽曲を展開してくれるのでしょうか。

今後も目が離せませんね!

コメント