実はあいみょんって売れてないの?マリーゴールド以外のブレイク曲は?

あいみょん
スポンサーリンク

あいみょんさんの代表曲といえば、「マリーゴールド」をあげる方が多いのではないでしょうか。

私もあいみょんさんを知ったのは「マリーゴールド」がブレイクしてからです。

あいみょんさんについて詳しくない方やファンじゃない方の中には、他にどんな曲があるか知らない方も多いのではないでしょうか。

そして、

他に売れてる曲ってなんだろう?
実はあいみょんって売れてないの?

と思っている方もいるかもしれません。

そこで、実はあいみょんは売れてないのか?「マリーゴールド」以外のブレイク曲はないのか?見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

実はあいみょんって売れてないの?

今やあいみょんさんは、人気女性アーティストの1人てすよね。
決して売れてないとは思えません。

それでも、実はあいみょんさんは売れてないの?と思ってしまう方がいるかもしれないのはなぜでしょうか。

その理由として、ストリーミングからブレイクしCD自体の売上枚数で見ると売上が伸びていないことがあげられるのではと思います。

あいみょんブレイクのきっかけ

あいみょんさんのブレイクのきっかけについて、このような記事があります。

シンガー・ソングライターのあいみょんは、高校卒業後にはじめた自作曲のYouTubeへの配信から注目を集め、16年11月にワーナーミュージック・ジャパンからメジャーデビューした。当初からYouTube世代の若年層の知名度は高く、センセーショナルな世界観の楽曲は感受性の豊かな同層から高い支持を受けていた。

そこから、カルチャー誌やファッション誌などに登場することで10~20代を中心に音楽ファン以外にも認知を広げると同時に、SpotifyやLINE MUSIC、AWAをはじめストリーミング系音楽配信サービスに積極的に楽曲を開放。Apple Musicではロングテイルとなり、Spotifyではネクストブレイクアーティストに選出されるなど、瞬く間に人気を拡大していった。

出展:
https://www.oricon.co.jp/confidence/special/52282/

なるほどー。
まさしく、今の時代に合った売れ方をしているんですね。

ただ、まだまだ若い世代以外にはストリーミングやダウンロードはなじみがないのでは。

なので、CDが売れてないと売れてないんじゃないかと思ってしまうというのはあるのかなと思います。

あいみょんマリーゴールドのCD売上枚数

あいみょん – マリーゴールド【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

では、CDが売れてないのかどうかを、「マリーゴールド」を例に見てみましょう。

作品

DL配信 開始日

初回DL数 累計 DL数 最高順位 CD   発売日 初回 売上枚数 累計売上枚数 最高順位
今夜このまま 2018/10/24 18,308 109,552 3 2018/11/14 6,009 9,806 18
マリーゴールド 2018/7/18 6,395 106,978 5 2018/8/8 3,536 10,135 26
君はロックを聴かない 2017/7/25 2,977 77,890 31 2017/8/2 748 938 76
愛を伝えたいだとか 2017/4/14 2,682 70,074 22 2017/5/3 963 963 51
生きていたんだよな 2016/11/2 798 12,858 135 2016/11/30 1,151 1,585 67

※18/12/24付のデータ

出展:
https://www.oricon.co.jp/confidence/special/52282/

こちらの表を見ると、2018年時点ですが、CDの売上枚数はあまり伸びていないことがわかります。

ブレイク曲である「マリーゴールド」でさえ苦戦していますよね。
いかにCDが売れない時代かがわかります。

このように、ストリーミングからブレイクし、CD自体はあまり売れていないことが、実はあいみょんさんって売れてないの?と思う方がいるかもしれない原因になっていると言えるでしょう。

(こちらもどうぞ!)
あいみょん「風とリボン」歌詞の意味は?ファンの反応も!
あいみょん「君はロックを聴かない」 歌詞の意味は?君と僕は誰?
あいみょん|マリーゴールド歌詞の意味!人気の秘密は隠喩にある?

マリーゴールド以外のブレイク曲は?

では、「マリーゴールド」以外にブレイク曲はないのでしょうか?

私はあると言ってよいと思います。

今夜このまま

まず、「今夜このまま」です。

あいみょん – 今夜このまま【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

「マリーゴールド」発売の3ヶ月後に発売された曲です。

先ほどの表をもう一度見てみて下さい。

「マリーゴールド」よりも「今夜このまま」のほうが売れていますよね。
(現在は、Wikipediaによると、具体的な売上枚数はわからなかったのですが、「マリーゴールド」のほうが売上はあるようです。)

知名度的には「マリーゴールド」のほうが上でしょうが、「今夜このまま」も十分にブレイク曲と言ってよいのではないでしょうか。

聞かれた要因としては、「マリーゴールド」でブレイクし、次の曲も聞いてみようと思ったのではないでしょうか。

また、新垣結衣さん主演のドラマの主題歌だったからというのもあるのではと思います。

ちなみに、2019年11月28日にストリーミング再生数は1億回を突破しています。

この記録だけでも十分にブレイク曲と言えるのでは。

ハルノヒ

続いて、「ハルノヒ」

あいみょん – ハルノヒ【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

こちらは、2019年4月に「今夜このまま」の次に発売された曲です。

現在もCMで使われていますよね。

その影響があるのでしょうが、発売から1年経った現在もランキング入りしているんですよ。
すごいですよね。

この曲をブレイク曲と言えるとあげたのは、売れ方が変化してきたと言われているからです。

どういうことか詳しく見てみます。

「ハルノヒ」はダウンロードに続いてストリーミングのポイントが高く、フィジカルのCDも健闘している。一方の「マリーゴールド」は、圧倒的にストリーミングの力が大きい。もともと、あいみょんの楽曲は、いずれもストリーミングがずば抜けて強かった。過去曲の大半が、ストリーミングによるヒットといってもいいだろう。

しかし、「ハルノヒ」はあきらかに違っている。もちろん、新譜だからダウンロードやCDの売上が高めというのは納得する。とはいえ、「マリーゴールド」の場合、CDセールスのポイントは、発売週でも32位どまりだったことを思えば、「ハルノヒ」がこのポイントで9位というのは大きな変化といえる。これには映画『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』の主題歌ということも大きいが、昨今の露出も相まって、ストリーミングを使わない若年層や主婦層などにまで広がっているのではないだろうか。

出展:
http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/75103/2

ストリーミングだけでなく、CD自体も売れて、幅広い世代に聞かれるようになったという点で、ブレイク曲の1つと言えるのではないでしょうか。

このように、確実にブレイク曲は「マリーゴールド」です。

しかし、「今夜このまま」で人気を定着させ「ハルノヒ」で若い世代以外にもファンを広げたと言えるでしょうし、そんな2曲もブレイク曲だと言ってよいのではないかと思います。

まとめ

いかがでしたか?

「実はあいみょんって売れてないの?マリーゴールド以外のブレイク曲は?」と題して見てきました。

あいみょんさんはストリーミングでブレイクし、CD自体はあまり売れていないことから、実は売れてないの?と思ってしまう方もいるのではと思います。

ブレイク曲である「マリーゴールド」でさえ、CDはあまり売れていないようですから。

でも、時代にあった売れ方をしているし、CDの売上だけが全てではないですよね。

「マリーゴールド」以外のブレイク曲については、「今夜このまま」「ハルノヒ」もブレイク曲と言ってよいと思います。

「今夜このまま」で人気を定着させ「ハルノヒ」で若い世代以外にもファンを広げたと言えるでしょうから。

それにしても、あいみょんさんでさえCDがあまり売れない時代なんだなと…少し残念ですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメント