あいみょん「朝陽」歌詞の意味を考察!ファンの評価評判も!

あいみょん
スポンサーリンク

8月21日に配信されたばかりの、あいみょんさんの新曲「朝陽」

9月9日に発売される3枚目のアルバム『おいしいパスタがあると聞いて』の収録曲でもあります。

これは要チェックですよね!

気になる「朝陽」の歌詞の意味を考察していきたいと思います。
また、ファンの評価評判も見ていきましょう。

スポンサーリンク

「朝陽」の歌詞の意味を考察

では早速、「朝陽」の歌詞の意味を考察していきます。

歌詞はこちらでご確認ください。

全体的に結構ストレートでわかりやすい歌詞のように感じました。

なので、全体の歌詞を一つ一つ考察するのではなく、いくつかのポイントに絞って考察してみたいと思います。

私と相手の関係性

一応二人で会う関係ではあるようです。

ただ、「今日はちょっと早いかもゴメン」、「終電逃して何のつもり?」からは、私への愛情が感じられないですよね。

どちらも、早く帰りたいんだよという気持ちが現れているように感じます。

ということで、相手は本命の恋人がいるか、既婚者で、私は浮気相手なのでは。

ただ、「度胸もない」「包み込んでくれる故郷もない」から、既婚者なのではと個人的には思いました。

「度胸もない」は、奥さんと別れてとは言えないということなのかなと。

そして、「包み込んでくれる故郷もない」は、そのままの解釈ではなく、相手には帰る場所があるけど私にはないという意味なのでは。

以上から、私と相手は不倫関係にある男性女性として、考察を進めていきます。

私と相手の思い

先ほど、相手からは私への愛情が感じられないと言いましたが、私のことを都合がよい女性と思っているのでしょう。

そして、私自身もその自覚はあるんでしょうね。

一番その気持ちが現れているのが何度も出てくる「愛されたい 愛されてみたい」「愛されて 愛してみたい」という歌詞でしょう。

愛されてないと自覚していますよね。

また、「乾電池みたいな女だよ」という歌詞にも現れているように思います。

乾電池=使い捨て、自分はそんな女だと思っているということでしょう。

私はそれでも相手が好きなのか?

では、乾電池みたいな女だと自覚している私はそれでも相手が好きなのでしょうか

なんだかんだ言っても好きで別れられず苦しんでいるんだと思います。

「何でもいいよ もう何でも」、「どうでもいいよ もうどうでも」、「どっかの公園の隅にでも捨てて下さい」と自暴自棄になった言い方をしています。

そして、「そうやっていっつも傷つけるんだ」、「ズタズタになってボロボロになった」「心のシュレッダーの刃はもうガタガタだ」と、とても傷ついていますよね。

それでも、「貴方の事が好きだった」「いや今でも好きです好きです 好きです 好き」とあるように、好きでしょうがないようです。

「気持ちの悪い自分を殴りたい」には、こんなに傷ついても好きでしょうがない自分を責める気持ちが現れているように思います。

「心臓あそこ どこ そこ それが痛むの」、「嫌いじゃない痛み」と、すごく傷ついていても嫌いじゃないそうで、なかなか強い女性ですよね。

こんなかんじで、歌詞を考察してきました。

タイトルについては、「始発待ちベンチ」とあるので、そこから朝陽なのでは。
一人で朝陽を見ているのでしょう。

また、一日の始まり必ず昇るものですよね。
私の変わらない思いを喩えたという解釈もできるのかなと思いました。

(こちらの記事もどうぞ!)
あいみょんの生い立ちと家族構成を紹介!高校を退学した理由とは?
あいみょんのすごさとは?人気の理由や音楽業界からの評価!
あいみょん「風とリボン」歌詞の意味は?ファンの反応も!

ファンの評価・評判

では、ファンの評価・評判を見てみましょう。

このように、共感の声がたくさんありました
男性までも共感されてますよ。

また、歌詞だけを見ていると暗いイメージを持ちがちですが、曲調が明るいですよね。
そんな曲調も評判のようです。

あいみょん – 朝陽【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

朝陽の評価が高く、アルバムへの期待も高まっているようでしたよ。

まとめ

いかがでしたか?

「あいみょん「朝陽」歌詞の意味を考察!ファンの評価評判も!」と題して見てきました。

相手にとって浮気相手である私が、なんだかんだ言っても好きで別れられず苦しんでいる気持ちが歌われていると考察しました。

ファンの方からは、ストレートな気持ちを歌った歌詞に、共感の声がたくさんありましたよ。

また、歌詞だけを見ると暗いイメージを持ちますが、曲調が明るく、そんな曲調が評判のようです。

「朝陽」の評価が高いようで、収録されるアルバムはまたすごい記録を更新するかもしれないですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメント